税理士になったら新宿に事務所を持ちたいという夢

娘(まだ小学4年生)が将来の夢を語り始めている。
でも、その夢はなんと税理士!何とも堅実でいて聡明な夢なのだろうか!

私が小学生の頃など、女子の将来の夢は「お嫁さん」「お花屋さん」「アイドル」が多数。
私は「漫画家」だった。絵が得意だった訳じゃないが、自宅で出来る仕事が良かったから。

そもそも、なんで税理士?娘に聞いてみた。すると、税理士には安定した将来性があるんだと。
どのような会社にも経理があり税務処理は必要だ。ぶっちゃけ全ての人に税は関わってくる。

そんな身近な税に関して、よく解らないと拒否反応示す人は多い。なので税理士を頼る。
娘は「超デキる税理士になって、新宿に税理士事務所持つ」と言っているのだ。

なんで新宿?そこはなんとなく新宿がいいなって思ったそう。良かった、小学生らしい意見で。
今の新宿区の財政状況や税務処理のあり方など語られたらどうしようかと思った。

でも、娘に限らず最近の子どもは現実的だ。娘の友人も「医学療法士になりたい」と言っている。
看護師も人気があるそうだ。女の子はとっても現実的で賢いなぁ。

ちなみに年子の弟に聞いてみると「仮面ライダー系になりたいけど無理だよね」って。
可愛すぎて笑った。男の子は本当に子どもだな(笑)