上野毛の歯医者で歯石除去

私の数少ない自慢は、幼いころから通して、歯医者に通うことがほとんどなかったことであった。
歯みがきは親がうるさいから必死にやっていたし、もともと甘いものがあまり得意ではないということもあって、なおさら虫歯からは離れた存在となっていった。
しかしながら、大人になってみて、別の意味で歯医者にお世話にならなければいけなくなってきたのである。
その理由というのが「口臭」に関する悩みであった。
いくら歯みがきを丁寧にやっていても、落としきれない汚れというものがあり、それが歯垢なのであって、かつ歯石になるものなのだと気づいたのだ。
それを落とすためには歯医者に行くしかないということで、上野毛の歯医者で歯石除去をしてもらうことにした。
これで、幼いころから何回も通っていたとかだったらまだわかるけれど、私みたいに子供の頃からあまり歯医者に通ったことのない人間からしてみれば、やっぱりなんとなく緊張してしまう。
診察台だって、まるであれは人間改造を行うための台みたいに思えてくるのだ。
痛いことはしないでくれ、と思わず懇願したくなるくらいの気持ちである。