やっぱり弁護士事務所に相続相談に行こう!

主人は付き合ってた時、普通の会社でサラリーマンだったし年収は500万円程度で、まぁ普通だし中の上くらいの生活は出来るかなって考えていました。
結婚が決まって、主人の家に挨拶に行ったとき、あまりの豪邸に超驚いてしまいました!
主人のお父さんは大きな会社の二代目で、主人は三人兄弟の末っ子なので会社は継がずに自由にやってるそうなんです。
でも、実家と絶縁してるわけでもなく関係は良好なので、結婚式の費用やマイホームの資金なども援助してもらえすごくラッキーだって思ってました。

実は先月から主人の祖父の容体が思わしくなく、年を越せるかどうかという感じなんです。
こないだ、主人が「もし、祖父さんが亡くなってもうちは別に遺産なんて要らないよな」なんて言うんです。

遺産、別に是が非でもって訳ではないですが、うちら夫婦が貰えないなんておかしくないですか?
主人が言うには上の兄は祖父が作った会社で働いててそのうちどちらかが継ぐことになっているし、長兄夫婦は実家で暮らしていて実質継いでいる、次男夫婦も実家とは縁が深い、って。
でも、うちは自由にさせてもらってるしいざと言う時は援助もしてもらえたし、うちは遺産は期待しない方がいいだろうって!

理屈はわかるけど、なんか納得いきません。
法的なことはわからないので何とも言えませんが、やっぱり弁護士事務所みたいないところに相続相談に行ってみるべき?
友人が以前、相続相談横浜の弁護士事務所を利用してたんでそこを紹介してもらおうかな。